2014
06.27

CX-5 DPF トラブル、納得出来ない故障理由

744 Brilliant silver, MAZDA CX-5

20140627-191122-69082774.jpg

たった、2週間、1000kmで再発したDPFの点検、排気が詰まって加速不良。ディーラーの対応はさほど悪くないのだけど、連絡のなさ、説明の曖昧さには不満がたまる。

前回は5000kmを越えて、6000km走行してオイル交換をしなかったからDPFの再生サイクルでオイルが薄まったからと。

では今回はというとカムが減って黒煙が増えたので詰まったと。

保証の範囲でカム交換すると言われたけど、4万kmでカムを交換しなければならないほどのトラブルが発生するのだろうか。

釈然としない。

コメント

    • tazu
    • 2016年 10月 19日

    CX-5 27年式 距離4万キロほどの者です。
    自分も今朝、信号赤になり止まろうとしました。そしたら急に車体のアイドリングがガクガク不安定になり、エンジンストップ
    あわててエンジン始動しましたが、その後アイドリングは安定しませんでした。
    ディーラーに症状を伝えてみたら
    インジェクションとやらが、汚れてちょっと重症といわれました。
    自分は頭にきて、はぁ⤴ たかだか4万キロで冗談じゃない中古車かったわけじゃないですよと言ってしまいました。
    保証期間中なんで痛くも痒くもないですが
    保証期間外になったらどーなるのか心配
    新しいうちに手放そうかと考えます。
    もしくは、出るとこ出てリコール対象にしてもらうか
    何処テストして、世に出しているんかな…

      • m2matu
      • 2016年 10月 19日

      その後、10万4000kmでエンジンがブローし、実費で交換という目にあいました。
      ローンがあるからといって乗り続けたのが馬鹿でした。二度とマツダのクルマは購入しないでしょう。
      あまりにもお金がかかりました。中古のメルセデスを20万キロのったほうがましです。
      保証期間すぎて乗るクルマではないようです。悲しいことですが。

  1. この記事へのトラックバックはありません。